活動レポート 旅する味噌屋

未来の発酵食品 『コオロギ醤油』の商品化

投稿日:

コオロギ醤油

素敵な想いで昆虫食の魅力を探求するチーム『ANTCICADA(アントシカダ)』の皆さんとコオロギを発酵させた「コオロギ醤油」の商品化が決定しました。

 

実は『昆虫×発酵』へのトライの始まりは、味噌作り教室に参加されたある一般の方からの

「昆虫を使用した味噌って作れます?」

の一言からです。

 

そこからバッタやコオロギを使用した味噌をテストし始め、「ECOLOGGIE」の葦苅さんたちとガチンコでコオロギ味噌を仕込み、そのノウハウを活用しついに醤油まできました。

*コオロギ味噌の記事はこちら

 

 

コオロギ醤油

 

コオロギ醤油は米麹でコオロギのたんぱく質を分解させながら、醤油的な旨みを引き出していきます。

基本は蔵の微生物たちに任せるのは同じですが、少し味噌と違い手入れ(攪拌)しながらじっくり発酵/熟成を進めます。

 

コオロギ醤油

最後に諸味を圧搾し、火入れを経て、コオロギ醤油は完成します。

実際には、既存には無いもので業界のルール的に醤油を名乗る事は厳しいので、コオロギ発酵調味料的な感じw

 

ゲテモノやネタとしてしてでは無く、未来の発酵食品の1つの可能性として真剣に取り組んだ一品です。

 

生き物である微生物の力を借りる発酵

そして昆虫

食べ物はまさに生き物です。

 

商品概要

●商品名:コオロギ醤油

●商品内容:100ml

●原料:フタホシコオロギ、米麹、食塩、水

先行販売はANTCICADAがチャレンジしているクラウドファウンディングからになります

イベント案内を購読



*携帯のドメイン指定をされている方は(temaemiso.susume@gmail.com)のドメイン指定の解除をお願いします

-活動レポート, 旅する味噌屋
-,

Copyright© 手前みそのススメ | 味噌屋が教える味噌作り教室 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.