活動レポート

産まれた子供と一緒に食べるベビ味噌を仕込む

投稿日:2019年9月10日 更新日:

ベビミソ(和花味噌)

先日子供が生まれました。

味噌作り教室では2㎏と4㎏とか家庭向きの量を仕込みますが、味噌屋としての仕込みは〇トンのように、少しケタが違い小さく仕込む事はあまりありません。

なのでみなさんのように顔が想像できる誰かの為に仕込むということは無いのですが、今回は生まれてきた子供のためにだけ仕込む事にしました。

子供の体重と同じ『ベビミソ』を仕込む

ベビミソ(和花味噌)

仕込みの流れは割愛しますが、

今回は『子供の成長を楽しみに1年後一緒に食べる味噌』というテーマで仕込みました。

なので、1年ぐらいで食べ始めれる長期熟成の『豆みそ』を生まれた時の子供の体重と同じ重さだけ仕込む!

3㎏弱ぐらい。ウェイトベアみたいな感じw

桶は先日まで妹夫婦が豆味噌を仕込んでた100年再生木桶を活用します。

ベビミソ(和花味噌)

子供の成長を振り返りつつ1年後、仕込んだ味噌と子供の重さを比べるのが楽しみだなー!

そして出来上がったお味噌で家族みんなで美味しいお味噌汁飲む!

ベビミソ(和花味噌)

1年間は蔵の微生物たちにお任せして、味噌が育っていくのを待ってます。

イベント案内を購読

-活動レポート
-, , ,

Copyright© 手前みそのススメ | 味噌屋が教える味噌作り教室 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.